あなたの知ってる雑学教えて

ABOUTこの記事をかいた人

OBITSU

さくら造園 代表 帯津浩光 2014年に加須市に産声を上げたばかりの小さな会社です。 個人宅から大きな工場の管理、時には公共事業も行っています。 管理が楽な芝生TM9の施工を得意とし、個人宅の庭木の管理・伐採・抜根・外構工事もお任せください。

雑学

知っていても、知らなくても普段の生活にはそんなに支障が無い知識。
でも、知っていると何かの時には話しの種になる。

知らないよりは知っていた方が楽しい。
それが雑学。
今日は僕が知っている雑学を2つ紹介致します

 

掃除機のコードに付いてる黄色いテープと赤いテープの意味

掃除機のコードを引っ張ると最後の方に黄色いテープと赤いテープが出てきます。

意味を知って使っている方は少ないんではないでしょうか?
赤いテープはもぉコードが終わりです。
という意味です。

さて、黄色いテープの意味は?

一般的には黄色いテープまでコードを引っ張りだしてから使用してください。
との意味だそうです。

なぜ?

コード収納部分の近くにあるモーターの発熱によりコードに負担がかからないようにするため。
だそうです。
コードを十分に出さないで使用しているとコードに熱をもち最悪の場合発火の恐れがあります。
コードリールも同じです。
以前、コードを巻いたまま使用していて気が付いたらコードが熱くて触れない程熱を持ってしまった事がありました。
気を付けないとですね。

 

なぜ紙ナプキンに短い部分と長い部分がある

飲食店のテーブルに置いてある紙ナプキンを手に取るとよく解るとおもいますが
片方が短くて
片方が長い
なぜ?

これにもちゃんと理由があるんです。

想像してください。

同じ長さの紙ナプキンが入れ物に入っています

紙ナプキンを取ってみてください
取りにくそうですよね?

それから1番の理由はこれだと思います
手が汚れていて紙ナプキンを必要とした時
全てが同じ長さだと1枚だけ取るのが困難なため複数枚の紙を触ってしまう可能性が出てきますね。
そーした場合、これから誰かが使うであろう紙にまで汚れを着けてしまう可能性があります。
片方が短いと取りやすいし
その紙だけ汚すだけで残りは清潔なんです。

とりあえず今日はここまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

OBITSU

さくら造園 代表 帯津浩光 2014年に加須市に産声を上げたばかりの小さな会社です。 個人宅から大きな工場の管理、時には公共事業も行っています。 管理が楽な芝生TM9の施工を得意とし、個人宅の庭木の管理・伐採・抜根・外構工事もお任せください。