ステーキの焼き方

ABOUTこの記事をかいた人

裕士長沼

長沼精肉店 長沼 裕士 加須市の老舗のお肉屋さん。かぞブランド認定&コロッケグランプリ メンチカツ部門 金賞受賞のメンチカツを筆頭に 色々なお惣菜が数多く並ぶお店の店主です!!

ステーキの焼き方

好みの焼き加減に仕上げるには、火加減と時間が命!!

 

ステーキは一発勝負。「火加減と時間は忠実に」焼き加減はウェルダン、ミディアム、レアの3種類からお好みを選ぶ。

「芯の中心だけ赤いのがウェルダン、もうすこし赤い部分が広がっているのがミディアム、表面以外赤いのがレア」

フライパンで焼く作業そのものはどの焼き加減でも同じ。ちょっとした火入れの加減とひっくり返すタイミングが最重要課題となります!

例えば 250グラムの厚さ3センチのステーキ肉を焼く場合の火加減と時間をご紹介!

ウェルダンとミディアムは中火で表裏を1回ずつ焼く。

レアは強火で表裏を2回ずつ焼く

※フッ素加工のフライパンの場合は、すこし長めに焼くのがオススメ!

火加減と時間を守るのが基本!慣れると焼き上がりはトングなどで肉を押した時の硬さで分かるようになります!常温の肉を加熱すると一度柔らかくなり、火が入っていくに従って硬くなります。押した時に完全に凹むのがレア、ウェルダンだと凹まない。その中間がミディアムです!

ちょくちょくトングで肉の感触を確かめながら焼いていくと 自分好みの焼き加減を自由自在に把握できるはずです

ステーキの作り方

1、フライパンでオリーブオイル熱し、薄くスライスしたニンニクを弱火で炒める。

2.キツネ色になったらニンニクを取り出し、常温に戻し塩、コショウをしたステーキ肉を熱しお好みの焼き加減に仕上げる。

焼き加減

【ウェルダン】

中火で表裏を1回ずつ加熱

表 3分30秒  裏 3分30秒

中心だけがほんのりと赤いのがウェルダン。何度もひっくり返さないこと(表裏は1回ずつ)焼き加減を見る場合はトングで肉を押したとき硬い感触になるのを待つ。

【ミディアム】

中火で表裏を1回ずつ加熱

表 2分45秒   裏 2分45秒

赤い部分がさらに広いのがミディアム。3つの焼き加減の中では一番塩梅が難しい。。。迷ったらフライパンから上げて余熱を通すとやりやすい。

【レア】

強火で表裏を2回ずつ加熱

強めの火で、ひっくり返す回数を多くするのがレアの焼き方!見た目は赤くても切って味あったときに中心まで温かく仕上がっているのが正しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

裕士長沼

長沼精肉店 長沼 裕士 加須市の老舗のお肉屋さん。かぞブランド認定&コロッケグランプリ メンチカツ部門 金賞受賞のメンチカツを筆頭に 色々なお惣菜が数多く並ぶお店の店主です!!