肉食が最強をつくる

ABOUTこの記事をかいた人

裕士長沼

長沼精肉店 長沼 裕士 加須市の老舗のお肉屋さん。かぞブランド認定&コロッケグランプリ メンチカツ部門 金賞受賞のメンチカツを筆頭に 色々なお惣菜が数多く並ぶお店の店主です!!

 

「肉食がもたらす大きなメリットとは?」

美味しく食べれば文句なし!

解き明かされた効用を知って肉を食べれば、もっともっと最高だ!!!!

「カラダをつくる」

動物性たんぱく質は生き抜くために必要だ!!

肉を喰らう。すると消化によって肉のたんぱく質が最小単位のアミノ酸に分解される。これらは小腸で吸収され、肝臓を経由してカラダのさまざまな組織や細胞に運ばれる。そこで体たんぱく質として合成され、筋肉、骨、髪の毛や皮膚、血液や血管、生体活動に必要な各種酵素の材料となる!

ただ!!一度作られた生体組織はそのまま留まって機能するわけではなく カラダを構成する体たんぱく質は分解合成を繰り返し、一日が終わる頃には古いたんぱく質の約30分の1が新しいソレと入れ替わる!

「なので!!!」

一日につき最低でも体重分のグラム重量、

体重が60キロならば60グラムのたんぱく質が必要なのです!!

鶏肉  鶏肉 100グラム たんぱく質約20グラム

豚肉 ロース  100グラム たんぱく質 27グラム

 

牛肉  赤身  100グラム  たんぱく質 21グラム

毎日 三食のうちどこかでお肉を食べて カラダをつくりましょう‼️‼️

「効率の良いアミノ酸スコア100の食品、それが【肉】だ!!!

たんぱく質は米や小麦にだって含まれているいる。なら 植物性たんぱく質でもいいんじゃね?  いや  あまりよくない。 というのは体たんぱく質として機能するのは効率が悪い。

人体で機能するアミノ酸の数は20種類。この中には体内では作れない9種類の必須アミノ酸がある。これらは一番低いアミノ酸に合わせて機能するので、一つでも量が少ないと木桶から水が溢れるように残りのアミノ酸がダダ漏れしてしまう。

必須アミノ酸の利用効率レベルをアミノ酸スコアというらしく、殆どの動物性たんぱく質がスコア100をクリアするのに対し、植物性たんぱく質は明らかに低い!!

「動物性たんぱく質でも魚より肉!!!」

もちろん魚もアミノ酸スコア100をクリアしているが

豚肉を100グラム食べればたんぱく質を約30グラム摂れるが同じ量のたんぱく質を摂ろうと思ったら魚30尾分、、、

どちらが効率がよいか というか現実的は明白だ‼️‼️

最強の肉食!

まだまだ続きます!!!続きはまた今度!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

裕士長沼

長沼精肉店 長沼 裕士 加須市の老舗のお肉屋さん。かぞブランド認定&コロッケグランプリ メンチカツ部門 金賞受賞のメンチカツを筆頭に 色々なお惣菜が数多く並ぶお店の店主です!!